引き出物の歴史

一部の地域においては風習が違っていますが、日本においては結婚式というと「ご祝儀」と「引き出物」というのがセットとなっているのが一般的です。
参加者はご祝儀を支払い、主催者はそのお返しとして引き出物を渡す、というようになっています。
ただ、やはり伝統というのは時代によって変わってくるもので、引き出物として渡されるものというのも今と昔とではかなり違ってくるようになってきました。
形骸化、とまで言っては過剰かも知れませんが、「縁起物へのお返し」という扱いではなく「プレゼントへのお返し」というものへと変化しつつあるといえます。
引き出物であっても「いらないものはいらない」と感じられてしまうことが多くなってきており、主催者側としても何を引き出物にするのかをよく考えなければなりません。

さらにご祝儀と引き出物に置いてネックとなっているポイントの1つであるのが、祝儀の値段に合わせて引き出物を変更するのか否かということです。
参列者のほとんどが同じような金額を包んでくれるのであれば心配はいりませんが、そうではないこともあるでしょう。
そういった場合には、やはり差をつけた方が良いとも言えます。
ただ、袋からして見た目が違っているのも少し下品です。
そこでこのサイトでは、過去と今とを比較しながら引き出物がどのように変わってきたのか、ということをまず紹介します。
その上で、現代における引き出物としてどんな選択肢があるのか、ということについても紹介します。

Copyright © 2014 引き出物の今と昔 All Rights Reserved.